1月
16
2012

奥鬼怒温泉

奥鬼怒温泉郷は、栃木県日光市にある温泉をいいます。

奥鬼怒温泉郷には、
・加仁湯
・八丁の湯
・日光沢温泉
・手白澤温泉
のからなっていて、いずれも一軒宿になっているのが特徴です。

この温泉郷は、かつて「秘湯」と呼ばれていました。
それ程に、簡単には入ることのできない温泉で有名だったのです。

どの温泉も人気があって、温泉旅行地としても名高い温泉です。

しかし、奥鬼怒温泉郷には車で入ることを規制している為、バスか徒歩で行くことになります。

どこの温泉へも歩いては行くことができますが、道のりは2時間程度かかります。
また、山奥にあることから坂道が多いので、暗くなるなどするとあまりお勧めできません。

奥鬼怒温泉のお勧めの時期は、何といっても冬です。

秋は、もちろん紅葉の季節の綺麗です。

しかし、冬に雪が積もった温泉に入るのは、全く別世界のようです。

そこで送迎の状況を見ると、加仁湯と八丁の湯が送迎をしています。
中でも、冬に温泉旅行に行くなら、八丁の湯がお勧めだと聞いています。

一方、日光沢温泉は、残念ながら送迎していませんので、ご注意ください。
もちろん、自家用車で入ることも禁止されています。

鬼怒川の渓谷沿いにあり、深い谷底に温泉があります。
加仁の湯からも、それらを見渡せるところにある温泉宿で、周りには山と川しかありません。
そんな状況ですから、雪が積もれば、あたり一面が雪景色となって、
いつもは見ることのできない一帯が雪で埋めれた壮大な風景を楽しめます。

また、女性専用の露天風呂も用意されていて、
こうした配慮も、旅の情緒味わえて、女性には嬉しい限りです。

どの宿も露天風呂がメインであるため、すべての宿で雪見露天風呂が堪能できます。

交通の利便性を考慮すると、
冬に楽しめる奥鬼怒川の温泉地は加仁湯と八丁の湯になりそうです。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix