4月
15
2011

青荷温泉(青森県)

青荷温泉は、青森県黒石市にあります。

開湯は昭和4年で、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する
1軒宿で、 ランプの宿として知られる、ひなびた風情の秘湯です。

2001年からは雪の多い冬期間も営業し、通年営業となりました。

四つのお風呂、健六の湯 ・露天風呂 ・内湯・滝見の湯を湯巡りしながら、
豊かな自然が満喫できます。

秘境といわれるだけあって温泉街などはありません。
温泉にゆっくりつかって、自然を楽しむ旅館です。

4つのお湯の中でもっとも有名なのが龍神の湯です。
窓を開ければ、目の前に竜ヶ滝が見え、情緒ある雰囲気です。
浴室は混浴ですが、女性でも入りやすい工夫がされています。

露天風呂については、完全な混浴であるため、女性は若干入りにくいようです。
ただ女性専用の時間もあるので、ゆっくりしたいならその時間を利用することもできます。

最近できたのが健六の湯です。
建物自体がとても綺麗で、他のお湯に比べると明るいのが特徴です。
女湯には露天風呂がついています。

最後の一つは内湯になります。
ランプの宿と言われるだけあって電気がないのが特徴です。
ランプの明かりで過ごすといったこだわりが温泉旅行客を惹き付けています。
もちろん、夜になれば温泉もこのランプの灯りの中で入ることになります。
その独特な灯りが人気なのです。

冬ともなれば雪が降ることから、露天風呂で雪見が楽しめます。

灯りは、電気の代わりにランプの灯りやかまくらの中にろうそくを
灯したものが使われていて、雪景色は幻想的で、
他の宿でなかなか味わい深いものになりそうです。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.


Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix