10月
31
2013

蔵王温泉

山形県山形市にある蔵王温泉で、
日本最古のお湯としても知られており、強酸性の泉質が特徴です。

1日に8700万トンのお湯が噴出するという湯量の多さは、世界でも数少ない温泉です。

どの温泉でも100%の温泉を満喫できます。
皮膚病に効果があるとされています。

肌を白くする事から別名「姫の湯」とも呼ばれています。
蔵王温泉の温泉街には共同浴場や日帰り入浴できる温泉もあります。

数多くの旅館やホテルがあり、温泉旅行地として有名です。
また蔵王温泉は山の麓にあるため、スキー場と併設しており、冬には温泉旅行客よりもスキー客で賑わっています。

雪のない次期には大露天風呂が川沿いに作られ、蔵王温泉の名物になっています。
蔵王温泉が賑わう時期は、やはり冬です。

蔵王で冬に有名なものとして、樹氷があげられます。
冬にしか見られないとあって、スキー客や観光客で賑わいます。

もちろん、昼でも樹氷は見ることができますが、夜になればライトアップされ、幻想的な雰囲気をかもし出します。
12月末から3月上旬にライトアップされるので、樹氷を見るついでに温泉旅行を楽しむという人も多いです。
樹氷が見る事ができる時期には樹氷まつりが温泉街で開催されます。

さすがに、温泉街では樹氷を見ることはできませんが、温泉街はライトアップされていて雪の灯篭などが出現します。

また、原則的に閉鎖されている蔵王温泉大露天風呂ですが、冬の時期には期間限定を限定して無料開放されます。
日時が限定されているので、下調べをして冬限定の露天風呂で雪景色を楽しみましょう。
巻き爪などの人は、滑ったりして悪化させないよう気をつけましょう。
出来れば、事前に巻き爪を治してから温泉旅行を楽しみたいですね。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix