3月
05
2011

高湯温泉(福島県)

高湯温泉は、福島県福島市にあります。

硫黄成分が多く含まれていることで知られ、日本でも上位に入る含有量の多さです。
温泉の効能も高いと言われ、日本一の有効温泉と言われるほどです。

高湯温泉街は、わずか10軒ほどの旅館があるこぢんまりとした温泉街です。
どの宿も冬になれば、温泉旅行客でいっぱいになります。

一番人気は「玉子湯」という温泉旅館、
高湯温泉といえば、玉子湯といわれるぐらいの旅館なのです。

玉子湯には、5種類のお風呂があります。

中でも湯小屋は玉子湯の顔といっても過言ではありません。
高湯温泉街にたたずむ湯小屋は有名で、
雪のつもった湯小屋の写真などは良く見かけます。

茅ぶき屋根の湯小屋は創業から140年もの間、
そのままの形をとどめていて、玉子湯の伝統を感じさせます。

温泉には男女別の露天風呂があり、
紅葉の時期はもちろん雪見露天風呂が楽しめることでも有名です。

玉子湯は人気のため、なかなか予約が取れないこともありますが、
せっかく温泉旅行の機会に立ち寄り入浴できるますので、
是非入って頂きたいものです。

そして、もう一軒人気なのが静心山荘です。
温泉旅館とは違い、山小屋ロッジ風の建物が大きな特徴です。

静心山荘の温泉は、山小屋の最上階にあり、露天風呂と内風呂があります。
他の温泉に比べて若干温めですが、長時間浸かることのできる温泉です。

この静心山荘の人気は、何といっても冬のシーズンです。
山小屋のあたり一面が雪に覆われます。
温泉につかりながら、その雪景色を見下ろすことができる
高湯温泉ならではの風情のある白銀の世界を楽しむことができます。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix