1月
13
2012

玉川温泉と新玉川温泉~秋田県仙北市

秋田県仙北市にある湯治場として有名な玉川温泉は、
高血圧や動脈硬化・ガンなどの病気に効果があるとさる温泉です。

世界最強の温泉とも呼ばれていて、
湯治場として使われていた為に温泉街はありません。

また湯治場として利用されることから、
長期滞在する人も多く、宿などは予約でいっぱいだともいいます。

そこで、玉川温泉の近くに新たに観光的要素の多い温泉として、
新玉川温泉が最近できたといわれています。

言って見れば、玉川温泉と違って、
新玉川温泉は温泉旅行客向けにつくられた温泉で、
このため、刺激も少なめで、とても入りやすいお湯です。

新玉川温泉は岩盤浴で有名になっています。

ここには地獄地帯という地熱の高い部分があって、
そこでゴザを引いて岩盤浴を楽しむ姿を目にします。

温泉旅行としても、この岩盤浴を第一の目当てに来る人も随分あります。

東北にある温泉だけあって、冬ともなれば、あたり一面が雪に埋まります。

たくさんの雪が降るため、雪下ろしをしている姿を見かけますが、
もちろん冬でも地熱が高い部分では雪がとける為、岩盤浴が楽しめます。
岩盤浴も人気があるのは、やはり雪山につつまれた冬の景色です。

この温泉への交通についてですが、
車が通ることができないため、専用の送迎バスにのって向かいます。

温泉にはテント小屋があり、その中で岩盤浴を楽しめます。

冬場の岩盤浴ができる場所も限られていますので、
むしろお客が絶えず、中には順番待ちになってしまうこともあります。

従って、冬の岩盤浴を楽しむには、出来れば事前に予約しておくことをお勧めします。

岩盤浴では十分に体が温まりますが、
出来れば寒さ対策の防寒着や雪道を歩くための長靴を忘れないようにしましょう。

Written by admin in: 冬の温泉旅行 | タグ: , , , ,

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


Leave a Reply

Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix