1月
28
2012
0

伊香保温泉

伊香保温泉は、群馬県渋川市にあり、
万葉集にも名前が出てくるほど古くからあるという温泉です。

温泉街は、温泉自体が山間にあるため、急な斜面に開けているというのが大きな特徴です。

従って、階段や坂道が多く、石畳の階段は約360段あることから、
伊香保温泉のシンボルとも言われています。

そのシンボルの階段の横には飲食店や宿が立ち並び、
情緒溢れる雰囲気が醸し出されていて、温泉客を十二分に楽しませてくれます。

石段の湯という共同浴場は、地元の数多くの人々にも愛用されています。

伊香保温泉は、日帰り湯が利用できる旅館もp数多くあるため、
日帰りでの温泉旅行を楽しむ人もかなり多いようです。

その日帰り湯で、
より多くの温泉に入りたいという方には、ホテル天坊がお勧めで、
3つの貸切風呂に壷風呂や洞窟風呂・トルマリン風呂など
あまりお目にかかれない変わった温泉がたくさんあります。
一日かけてもゆっくりすることができるのが特徴です。

また金太夫ベルツの湯もいいでしょう。
温泉を治湯として利用することを考えている温泉です。
温泉も8種類と多く、打たせ湯や露天風呂があります。

もちろん、この2つ以外にも日帰り温泉を楽しめる宿はたくさんあります。
ところで、伊香保温泉の冬のイベントと言えば、
榛名湖イルミネーションフェスタです。
また、露天風呂では雪景色が楽しめます。

イルミネーションは、12月の中旬に開催され、光と水の世界を作り出します。
湖面に反射するイルミネーションの光がとても綺麗です。
冬場といえども、多くの旅館では宿泊者に対して、送迎バスを用意しています。
温泉と一緒にイルミネーションの幻想的な様子を楽しむのもいいですね。

1月
16
2012
0

奥鬼怒温泉

奥鬼怒温泉郷は、栃木県日光市にある温泉をいいます。

奥鬼怒温泉郷には、
・加仁湯
・八丁の湯
・日光沢温泉
・手白澤温泉
のからなっていて、いずれも一軒宿になっているのが特徴です。

この温泉郷は、かつて「秘湯」と呼ばれていました。
それ程に、簡単には入ることのできない温泉で有名だったのです。

どの温泉も人気があって、温泉旅行地としても名高い温泉です。

しかし、奥鬼怒温泉郷には車で入ることを規制している為、バスか徒歩で行くことになります。

どこの温泉へも歩いては行くことができますが、道のりは2時間程度かかります。
また、山奥にあることから坂道が多いので、暗くなるなどするとあまりお勧めできません。

奥鬼怒温泉のお勧めの時期は、何といっても冬です。

秋は、もちろん紅葉の季節の綺麗です。

しかし、冬に雪が積もった温泉に入るのは、全く別世界のようです。

そこで送迎の状況を見ると、加仁湯と八丁の湯が送迎をしています。
中でも、冬に温泉旅行に行くなら、八丁の湯がお勧めだと聞いています。

一方、日光沢温泉は、残念ながら送迎していませんので、ご注意ください。
もちろん、自家用車で入ることも禁止されています。

鬼怒川の渓谷沿いにあり、深い谷底に温泉があります。
加仁の湯からも、それらを見渡せるところにある温泉宿で、周りには山と川しかありません。
そんな状況ですから、雪が積もれば、あたり一面が雪景色となって、
いつもは見ることのできない一帯が雪で埋めれた壮大な風景を楽しめます。

また、女性専用の露天風呂も用意されていて、
こうした配慮も、旅の情緒味わえて、女性には嬉しい限りです。

どの宿も露天風呂がメインであるため、すべての宿で雪見露天風呂が堪能できます。

交通の利便性を考慮すると、
冬に楽しめる奥鬼怒川の温泉地は加仁湯と八丁の湯になりそうです。

1月
13
2012
0

玉川温泉と新玉川温泉~秋田県仙北市

秋田県仙北市にある湯治場として有名な玉川温泉は、
高血圧や動脈硬化・ガンなどの病気に効果があるとさる温泉です。

世界最強の温泉とも呼ばれていて、
湯治場として使われていた為に温泉街はありません。

また湯治場として利用されることから、
長期滞在する人も多く、宿などは予約でいっぱいだともいいます。

そこで、玉川温泉の近くに新たに観光的要素の多い温泉として、
新玉川温泉が最近できたといわれています。

言って見れば、玉川温泉と違って、
新玉川温泉は温泉旅行客向けにつくられた温泉で、
このため、刺激も少なめで、とても入りやすいお湯です。

新玉川温泉は岩盤浴で有名になっています。

ここには地獄地帯という地熱の高い部分があって、
そこでゴザを引いて岩盤浴を楽しむ姿を目にします。

温泉旅行としても、この岩盤浴を第一の目当てに来る人も随分あります。

東北にある温泉だけあって、冬ともなれば、あたり一面が雪に埋まります。

たくさんの雪が降るため、雪下ろしをしている姿を見かけますが、
もちろん冬でも地熱が高い部分では雪がとける為、岩盤浴が楽しめます。
岩盤浴も人気があるのは、やはり雪山につつまれた冬の景色です。

この温泉への交通についてですが、
車が通ることができないため、専用の送迎バスにのって向かいます。

温泉にはテント小屋があり、その中で岩盤浴を楽しめます。

冬場の岩盤浴ができる場所も限られていますので、
むしろお客が絶えず、中には順番待ちになってしまうこともあります。

従って、冬の岩盤浴を楽しむには、出来れば事前に予約しておくことをお勧めします。

岩盤浴では十分に体が温まりますが、
出来れば寒さ対策の防寒着や雪道を歩くための長靴を忘れないようにしましょう。

Written by admin in: 冬の温泉旅行 | タグ: , , , ,

Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix