4月
15
2011
--

青荷温泉(青森県)

青荷温泉は、青森県黒石市にあります。

開湯は昭和4年で、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する
1軒宿で、 ランプの宿として知られる、ひなびた風情の秘湯です。

2001年からは雪の多い冬期間も営業し、通年営業となりました。

四つのお風呂、健六の湯 ・露天風呂 ・内湯・滝見の湯を湯巡りしながら、
豊かな自然が満喫できます。

秘境といわれるだけあって温泉街などはありません。
温泉にゆっくりつかって、自然を楽しむ旅館です。

4つのお湯の中でもっとも有名なのが龍神の湯です。
窓を開ければ、目の前に竜ヶ滝が見え、情緒ある雰囲気です。
浴室は混浴ですが、女性でも入りやすい工夫がされています。

露天風呂については、完全な混浴であるため、女性は若干入りにくいようです。
ただ女性専用の時間もあるので、ゆっくりしたいならその時間を利用することもできます。

最近できたのが健六の湯です。
建物自体がとても綺麗で、他のお湯に比べると明るいのが特徴です。
女湯には露天風呂がついています。

最後の一つは内湯になります。
ランプの宿と言われるだけあって電気がないのが特徴です。
ランプの明かりで過ごすといったこだわりが温泉旅行客を惹き付けています。
もちろん、夜になれば温泉もこのランプの灯りの中で入ることになります。
その独特な灯りが人気なのです。

冬ともなれば雪が降ることから、露天風呂で雪見が楽しめます。

灯りは、電気の代わりにランプの灯りやかまくらの中にろうそくを
灯したものが使われていて、雪景色は幻想的で、
他の宿でなかなか味わい深いものになりそうです。

11月
18
2010
0

地獄谷温泉

長野県下高井郡にある地獄谷温泉は、湯田中渋温泉郷の中にある一つの温泉です。

地獄谷温泉といえば、ニホンザルが温泉につかるというので有名です。
他にも熱湯を吹き上げる天然記念物の間欠泉があります。

冬には道路が閉鎖されてしまいますが、徒歩30分ほどで行けるため冬でも温泉旅行客が絶えません。
地獄谷温泉にある旅館は一軒だけ。

それが、写真にある地獄谷後楽館です。
———————————————–
地獄谷温泉 後楽館
〒:381-0400 長野県 下高井郡

電話:(0269)33-4376 FAX:(0269)33-3244
———————————————–

谷間にある温泉は、特に雪景色が綺麗だとわれていて、
徒歩でしかいけない冬の方が人気のある温泉です。

この温泉は混浴風呂になり、お風呂は源泉かけ流しです。
露天風呂と貸切風呂がありますが、温泉旅行客に人気なのは露天風呂です。
日帰温泉旅行でも露天風呂を楽しめます。
ただ、泊まって露天風呂をゆっくり楽しむのもお勧めです。

地獄谷温泉の周辺には歓楽街などはなにもありませんが、
部屋から見る雪景色がとても綺麗なのです。

料理についても、川沿いにあることから季節によっては川魚を楽しむことができます。

料理と雪が楽しめる宿なので、温泉旅行にはぴったりの宿です。

そして、冬になればニホンザルが温泉につかる姿を見ることができるのも貴重です。

この温泉には猿専用の露天風呂があり、
たくさんの猿が温泉を楽しむ姿を見ることができます。
頭にうっすら雪がつもった猿たちが温泉につかる姿はとても可愛いです。

もちろん、人間の温泉も冬の露天風呂はとても気持ちがよく、
秘湯と呼ばれるだけあります。

たまに人間用の露天風呂に猿が入っていることがあり、
猿と一緒に温泉を楽しむことができます。

地獄谷温泉

Written by admin in: 冬の温泉旅行 | タグ: , , , ,
10月
28
2010
0

四万温泉

四万温泉は、群馬県吾妻郡中之条町にあります。

東京駅から直通のバスもでていて、温泉旅行地として人気があります。

四万川沿いに広がる温泉街は5つの地区に分かれていて、
その中の日向見温泉は四万温泉の発祥の地としても有名です。

四万温泉という名の由来は、四万の病気を治す湯という意味からつけられたもので、
治湯としても人気があり、地元の人にも愛されています。

四万温泉の特徴は、何といっても自然に囲まれていることです。
四季を肌で感じることができるのが人気の一つです。
猿などの野生動物にも会う事ができ、冬には運がよければニホンカモシカに会えます。

四季折々の表情をみせる四万温泉街ですが、雪景色はとても綺麗です。
雪が積もった時などは、モノクロ写真のような風景が楽しめます。
どの旅館からも雪景色が楽しめて、露天風呂があれば雪見露天が楽しめます。

四万温泉でお勧めなのは山口露天風呂です。

山口露天風呂は共同浴場で、誰でも無料で入ることができます。
混浴露天風呂が4つあり、川沿いに湯小屋が建っていて、
4つの温泉は温度も違うため、自分の好きなお風呂に入ることができます。
外からは丸見えなので若干気になりますが、お湯はとても気持ちがいいです。

冬に訪れる時には、すっかり冷え切ってしまった体を確り温めてくれます。

この露天風呂に入るなら、冬の時期がお勧めです。もちろん雪景色が楽しめます。
岩や山に積もった雪を見ながら入る温泉はとても気持ちがいいです。
また熱すぎないお湯と外の寒さの加減がちょうどよいため、ゆっくりつかれます。

宿の露天風呂もなかなかいいものですが、
四万温泉にきたら、是非、露天風呂は入っておきたい温泉です。

10月
22
2010
0

下呂温泉

岐阜県益田郡下呂町にある下呂温泉。

日本三名泉と呼ばれる下呂温泉は、有馬温泉・草津温泉と並んで
温泉旅行地として昔から人気があります。

今では当たり前となっている湯めぐり手形足湯
全国的に広げたのも下呂温泉と言われていますが、
旅行客に温泉を楽しんでもらいたいという気持ちが伝わってきますね。

ところで、この下呂温泉にはとにかくたくさんの旅館があり、
温泉旅行の際にどの旅館を選べばいいのか迷ってしまいます。

参考までにお勧めの旅館を紹介します。
まずはアンティークなつくりが特徴の紗々羅という旅館です。

何よりも人気なのが露天風呂付の客室があることです。
12種類と部屋によって露天風呂が違うため、
何度も行きたいと思わせてくれる宿です。

共同の露天風呂は檜をつかっており、温泉街を見渡せます。
どちらも冬になれば雪見露天を楽しめることで有名です。

次は、水明館です。
温泉は大浴場に野天風呂があり、さらにプールで温泉が楽しめます。
美肌効果も高く女性には特に人気です。

ところで、冬の下呂温泉では花火ミュージカル公演が行われています。

他の温泉街と違って、普通の花火ではなく、
音楽にリズムに合わせて花火が打ちあがるというものです。

公演の最終日には1万発もの花火があがるとあって、旅行客に大変な人気です。

もちろん、宿の露天風呂からも花火が見ることができます。
雪が降っている時には、雪と花火の両方を楽しむことができます。
他にも下呂温泉ではキャンドルイルミネーションなどのイベントもあります。

[PR] ダイエット/ウォーターサーバー/ミネラルウォーター/野菜 宅配/短期ダイエット/

Written by admin in: 冬の温泉旅行 | タグ: , , , ,
9月
26
2010
0

奥飛騨温泉郷

奥飛騨温泉郷は、岐阜県上宝村にあります。
冬になれば雪見露天風呂が楽しめるという温泉郷です。

泊まりの温泉旅行はもちろん、日帰り温泉旅行でも十分楽しさを満喫できる温泉スポットです。

バスであれば、東京からだと5時間程度、名古屋からだと3時間程度で行くことができます。

冬はたくさんの雪が降り、山間であることからスキー場もたくさんあります。
冬にはスキー客で賑わいます。

この温泉郷は、栃尾温泉・新穂高温泉・福地温泉・平湯温泉・新平湯温泉の
5つからなり、冬になればそれぞれイベントが開催されます。

まず、栃尾温泉ですが、
毎年2月に開かれる雪像コンテストが有名です。
夜にはライトアップされるため観光スポットでもあります。
また、栃尾温泉の荒神の湯という共同露天風呂は大変有名で、
冬には雪に囲まれて温泉に入ることができます。

そして、新穂高温泉ですが、北アルプスにつながるロープウエイが有名です。
展望台から見る景色は年間通して人気があります。
冬のイベントでは中尾かまくらまつりがあります。
たくさんのかまくらが立ち並び、お酒を飲んだり、足湯につかったりと色々楽しめます。

次に、福地温泉です。
昔ばなしの里があるこの温泉はイベントとして青だるがあります。
青だるとは岩からしみでて水が凍って、垂れ下がった状態を指します。
その様子はまさに芸術です。

平湯温泉は、冬の名物といえば氷結した平湯大滝。
平湯大滝氷結まつりが開かれ、滝がライトアップされ、花火があがるなど盛り上がりを見せます。

最後に、新平湯温泉です。
たるま水の滝の氷結がライトアップされます。
近くには合掌造りの小屋があるなど風情が漂っています。

9月
19
2010
0

有福温泉

島根県江津市にある有福温泉。
山の斜面に旅館や民間がひな壇のように立ち並ぶ姿が山陰の伊香保と言われています。
石段が入り組んでいる風景は情緒があります。
9軒の旅館と、3軒の共同浴場があります。古くからある御前湯が有名です。
この御前湯には共同浴場にしてはめずらしく家族風呂がついているので、温泉旅行にきても気兼ねすることなくゆっくり楽しめます。
他にもさつき湯ややよい湯があり、湯めぐりが楽しめます。
ここの温泉は美しい白肌をつくるとされ、美人の湯としても有名です。
有福温泉に泊まるのにお勧めの宿は旅館樋口です。
その理由として露天風呂の数があげられます。
部屋付き露天風呂や貸切露天風呂がたのしめるからです。
冬のシーズンには雪見露天風呂にゆっくりつかれると人気があります。
誰にも邪魔されることなく楽しむことができる温泉旅行もいいものです。
共同風呂には露天風呂がなく、宿に泊まってはじめて露天風呂に入ることができます。
もちろん日帰り湯ができる旅館もありますが、湯めぐりができる共同浴場だけなので、たくさんの温泉を楽しみたいと言う人には不便かもしれません。
冬になればもちろん、日本海で取れたカニが食卓に並びます。
カニならば、日本海に接する温泉旅行地で食べることができますが、有福温泉ではぼたん鍋も楽しめます。
冬に温かい鍋を食べるのは幸せです。さらに山間にある温泉地だからこそ食べることのできるいのししのお肉。
カニではなくぼたん鍋に挑戦してみるのもいいかもしれません。

Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com

Ads by Sitemix