11月
21
2011
0

扇沢より黒部に行く

黒部ダムに行くためには、
どういった経路で行ったほうがいいのでしょうか?

まずは、長野県の信濃大町からアルペンルートを辿って扇沢駅まで行きます。

ここまで行くのには自家用車でも路線バスでもタクシーでも行けます
ので自由な方法で行くようにしてください。

また、自家用車で行く場合でも、
扇沢駅のところに駐車場が完備されています。
ご利用ください。

次に、扇沢駅から黒部ダム駅までは、
日本で唯一の乗り物トロリーバスを使って行く事になります。

このトロリーバスですが、
電気で走る鉄道で電車の類に含まれる乗り物として認識されています。

また、この黒部の土地は自然環境であったり、
景観保護であったり、クリーンエネルギーであったりと、
環境に関してものすごく配慮された土地でもあると思います。

そんなところを走る「トロリーバスの乗り心地は最高」と
言いたいところですが、
トロリーバスは関電トンネルの中を走るので
せっかくの景色が見られないと言うのが難点になります。

しかし、トロリーバスの車中では
黒部ダムの建設時に関する情報をアナウンスしており、
黒部ダムについての予備知識を得た状態で
黒部ダムに降り立つことができるということになります。

トロリーバスに乗っている時間は16分ほどで、
黒部ダム駅に到着します。

駅内には展望台へ行くための階段があり、
それを使って展望台へ行くことができます。

階段は疲れますが、
きっと眼前には驚くほどの景色が広がっていることでしょう。

Written by admin in: 黒部ダム | タグ: , , , ,
10月
09
2010
0

黒部ダム駅について

黒部ダム駅はトロリーバスの駅として1964年8月1日に開業して営業している駅です。
駅がある場所は立山黒部アルペンルート上に位置していて、この駅にいくためには扇沢駅よりトロリーバスを使用して行く方法と、黒部平駅から黒部ケーブルカーを利用、黒部湖駅で降りて徒歩15分でつく方法と二通りあります。
この黒部ダム駅で利用可能な路線は関西電力が扱っている関電トンネルトロリーバスのみとなっています。扇沢駅より黒部ダム駅までの二駅を結んでいます。
トロリーバスの駅は全て関電トンネルの中に作られていて、黒部ダム駅から直接ダム展望台にまで地下階段より行けるような構造になっています。
トロリーバスに乗る場所であるプラットホームはトロリーバスが方向転換できるような作りになっていてトンネル自体がループ状になっている場所に設置されています。
その黒部ダム駅内には関西電力専用の黒部トンネルがあり、私たち一般の人が入れないように普段は遮断機にて通行止めとなっています。
黒部ダム駅の周辺には以下のようなものがありますので観光する際には参考にしてみてください。
まずは主役である黒部ダムです。
次に黒部ダム展望台とその中にあるレストハウス、また黒部湖遊覧船「ガルベ」、遊歩道、ケーブルカーの黒部湖駅などさまざまな観光スポットがありますのでぜひ訪れてみてください。そこから黒部ダムに行きあの雄大な観光放水などを堪能してみてはいかがでしょうか。

10月
09
2010
0

黒部ダムを観光する2

【黒部ダム駅】
トロリーバスの駅である黒部ダム駅は地下にあります。ここへはトロリーバスで扇沢駅から16分ほどで到着します。ここから黒部ダムへ行く経路は二つあります。ひとつは乗降口のところに黒部ダム展望台に続いている地中階段があります。その階段は220段あります。もうひとつは駅にある待合室の前の階段を下りていき、連絡通路を通るとダム堰堤にたどり着くことができるという二つの経路です。どちらでもお好きなほうで行ってください。
【ダム展望台】
黒部ダム駅から続いている220段、約10分におよぶ地中階段を上りきるとダム展望台があります。そこでは、黒部ダムを眼下に見下ろすことができる最高のポイントになっています。そこからは黒部ダムのほかに、立山連峰、北アルプスという大パノラマを楽しむことができます。
ここの見学は自由とされていて、湧き水もありますので是非堪能してみてください。
【野外階段】
ダムの展望台から進展膨大、ダムレストハウスへと繋がっている野外階段となっています。移動するだけで景色が変わるので、一歩一歩楽しむことができるのです。この階段は、景色を楽しむことができる意外なポイントとなっています。
しかし、野外ですので天候などによって利用できない場合もありますので事前に確認してから利用するようにしてみてください。

Written by admin in: 黒部ダム | タグ: , , , ,

Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com